twitter

特集

特集トップへ

神山健治監督最新作「009 RE:CYBORG」製作発表会レポート

10月4日(火)新宿バルト9にて、神山健治監督最新作『009 RE:CYBORG』の製作発表が行われた。会場は約400人を超えるファンで満員になり、配信サイト(YouTube、ニコニコ生放送、Ustream)にても生中継され、全世界で20万人以上が見守るイベントとなった。

本作は、9.11以降の世界情勢を参考に、現代を舞台にサイボーグ戦士たちが活躍をする。 会見で上映された約4分半の映像には、六本木ヒルズのような場所で一人佇む島村ジョー、島村ジョーに殴りかかるジェロニモ、島村ジョーに肩を抱き寄せられるフランソワーズなど、それぞれのサイボーグ戦士が登場した。島村ジョーに殴りかかるジェロニモについて石井朋彦プロデューサーに質問され、神山監督は「サイボーグ戦士同士が戦うシーンがあるかもしれませんね」と語った。

制作はProduction I.Gと株式会社サンジゲンが共同で行い、セルシェーディングと呼ばれる手法を利用して、2Dセルアニメーションの見た目で、全てフル3Dアニメーションで制作が行われている。神山健治監督は「セルアニメの見た目をすべてフル3Dキャラクターで作るのは初めての試み。未知の体験でトライ&エラーを繰り返している。手描きを使わずに、いかに手描きに近づけるかが目標」、石井朋彦プロデューサーは「日本の3Dアニメーションが、ハリウッドに勝てる道はこの表現」と語った。

神山健治監督、石井朋彦プロデューサーから
「サイボーグ009」ファンへコメントを頂きました。

【神山健治監督】
幅広い層のファンを抱える作品なので、緊張しています。
皆さんに喜んでいただける作品となるようがんばりますので、期待してください。

【石井朋彦プロデューサー】
もう一度日本中に009ブームを巻き起こしたいと思っています。がんばります。

「009 RE:CYBORG」西暦2012年10月27日(土)全国公開!お楽しみに!! 公式サイトはこちら

© ISHIMORI PRODUCTION INC, ALL Rights Reserved.